チャンピックスでも禁煙に失敗したら

脳には、ニコチン受容体という部分があります。
タバコにはニコチンが含まれていますから、タバコを吸うとニコチンが体内に入り、ニコチン受容体と結びつきます。
これによってドーパミンが放出されて、おいしさやスッキリとした気持ちよさを感じるようになるのです。

タバコを日常的に吸い続けていると、ドーパミンが放出されることに体が慣れて、放出されないと不快感を感じるようになってきます。
つまりドーパミンの放出のために、常にニコチン受容体にニコチンを結び付けなければならなくなるのです。
これがいわゆるニコチン中毒です。
不快症状としては、苛立ちや頭痛などがあります。

このニコチン中毒を改善させるために役立つのが、チャンピックスです。
チャンピックスはニコチンではありませんが、ニコチン受容体に結びつきます。
そして少量ですがドーパミンの放出を促します。
つまりタバコを吸わずとも、ある程度の快感を得ることができ、不快症状が出るのを防ぐことができるわけです。
一定期間、チャンピックを服用することで、徐々にニコチンがなくても大丈夫な体になっていきます。
つまり禁煙に成功するということです。

ところが、チャンピックスに頼っても禁煙できないという人もいます。
チャンピックス 失敗には、パターンがあります。
服用の期間を守らなかった場合や、誘惑に負けて途中で喫煙してしまうことです。
いずれの場合も、リトライすることが可能です。

ただし、チャンピックスの処方は通常は保険適用となっているのですが、禁煙に失敗してしまったら、その後の治療は保険適用外となります。
したがって自費で処方してもらうか、通販で購入して服用することになります。
しかし初回のチャンピックスの処方から1年経過すると、再び保険適用で処方してもらえるようになります。