タール・ニコチンの染みついた肺は戻らない

煙草を常日頃から愛用していた場合、タール・ニコチンの染みついた肺は戻らないのかという疑問を持つ方は非常に多いようです。

禁煙外来や禁煙治療等が最近の日本では行われるようになり、テレビのCM等でも放映がされるようになってきていますが、まず、ニコチンについては代謝される為、肺からなくなっていく状態になります。

タール・ニコチンの影響力として、喫煙によって受けたダメージ等については、通常72時間経過すれば肺活量等の増加が行われたりもするので、健康的な状態により近づく事になると言われており、一般的に喫煙をしていた時から禁煙をはじめ、20年経過すれば肺がんのリスク等については非喫煙者と同等のレベルにまで達する事となるので、がんになる可能性を回避する事ができます。

しかし、染みついた肺は戻らなく、それのせいで何らかの症状が起こったりするのかというと、実際のところタール・ニコチンの染みついた肺が戻らないからと言ってがんのリスクが非喫煙者と比較して増えてしまうという事は無いので、禁煙を行う事によって健康的な部分に関しては改善される事は間違いが無いです。

5年禁煙するだけでも肺がんになる確率が半分に減る程の効果があります。